So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲーム関連書籍 ブログトップ

あの「ファミマガ」(徳間書店)の復刻版! [ゲーム関連書籍]

大昔、ファミコン全盛時代に
一世を風靡したファミコン雑誌がありました。

その名は、
「ファミリーコンピュータマガジン」
通称、ファミマガ。

なんと、その復刻版が
Nintendo DREAM」(ニンドリ)の
10月号に付録として付いていました!

IMG_6448.jpg
思わず、「ニンドリ」を買ってしまいました。
(買ったのは8月末ごろ、です)

お目当ての付録は、
IMG_6450.jpg
これです。

ファミコン30周年を記念して企画されたようですが、
中面には、懐かしい記事が多数載っていました!

「スーパーマリオ」の宮本茂のインタビューとか、
「ゼルダ」のミヤホン(宮本氏)&テンテン(手塚氏)のQ&Aとか、
ディスクシステムのスクープ記事とか…。

ゲームファンなら、一見の価値あり、ですね。


「SUPER MARIO」(Jeff Ryan) (※追加写真あり) [ゲーム関連書籍]

今回は、ひさしぶりにゲーム関連書籍です。
しかも、洋書です!

i_ 015_sl.jpg

SUPER MARIO
HOW NINTENDO CONQUERED AMERICA
(by JEFF RYAN

裏は、
i_ 019.jpg

カバーを取っても…
i_ 021.jpg
キュート!!

英語しか書いてないので、
もちろん、ちゃんとは読めませんが(笑)、
あまりのキュートさに思わず購入しました。
(じつは、日本語翻訳版も出てますが、
この愛くるしいデザインが変わってしまっています…。)

中身もちょっとだけ…
i_ 028.jpg

なかなか
i_ 022.jpg
いいでしょ!

目次は、よーく見ると
i_ 025.jpg
ドット文字で、かつ、「マリオ」のコインを
活かしたデザイン!!

著者の
i_ 034.jpg
JEFF RYANさん。

本から、マリオが、任天堂が、ホントに好きなんだろうな、
ってことが伝わってくる本です。

ちなみに日本語版は
「ニンテンドー・イン・アメリカ」というタイトルで、
白っぽい本です。

いずれ部屋をキレイに片付けたら、さりげなくコーヒーテーブルに
こういう本を置きたいです(笑)。
いつの日か…。

っていうか、いつの日か辞書を引きながら、読んでみたいです…。
(せっかく買ったんだし!)

---------
(追記)
日本語版「ニンテンドー・イン・アメリカ」を読み始めました。

ので、写真を追加します。

写真 1.JPG
ちょっと、がっかりなデザインです。

写真 3.JPG
背表紙も。

ちなみに、カバーを外すと…
写真 8.JPG
おっ、ここにちょっとだけ意地が…。w

きっと、日本の任天堂からは協力が得られず、
「マリオ」関連の図版を使えなかったんでしょうか。

でも、早川書房さん、翻訳モノは強いですね。
さすがです。

中身もまだ途中ですが、
「マリオ」がいかにして生まれ、いかにしてアメリカ市場でも
発売されて、人気を得ていったのか、その後の「マリオ」シリーズや、
ニンテンドー・オブ・アメリカ(NOA)が、アメリカという国で何をどうして、
躍進していったのか、がとても詳しく描かれていています。

ゲーム黎明期のアメリカの状況も詳しくわかったりして、
アタリショックがあったからこそ、そこで任天堂は
アメリカ市場に打って出るチャンスを得た、というような記述にも、
なるほどなあ、と読ませてくれて、「ゲーム史」の勉強になります。

---------------
(追記2)
後半、任天堂に対して批判的な記述も意外にありますが、
そういう内容が一切ないよりは、中立的、客観的な立場で
ちゃんと書かれた本だ、ということに安心感があります。

また、(日本では無理でしょうけど)
アメリカ、北米においては、そういう内容のものにも、
任天堂が好意的であったり、マリオのドット絵が表紙に
使えるんだな、ということは、
日本とは商業や商標に関する考え方が日米で相当違う
ことを感じさせます。

が、最後のあとがきで、もっと驚いたのは、
ここに書かれていることはネットを中心にして、
調べ、集めたことが多いということ。

そうか、ネットで専門家としてを知識を集めて、
本が出せる時代なんだな…と、いうことも、
感じました。

と、いろんな意味で、最後まで興味深く読める本でした。

ゲームファンの方にはオススメです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「ファミリーコンピュータ1983–1994」 [ゲーム関連書籍]

今日は、ちょっと趣向を変えて、グッズというよりは本です。
ゲーム関連の本もちょっと紹介したいと思います。

もうずいぶん前になりますが、
2003年12月〜2004年2月にかけて、
東京都写真美術館にて、
ファミコン生誕20周年・レベルX
 テレビゲームの博覧会」
という展示会が開催されました。

ファミコンカセットの箱を展示会場に並べ尽くす、
という画期的なイベントだったのですが、
じつは、その会場で、いわゆる展示会の目録として
売られていた本を紹介します。

写真 1.jpg
ファミリーコンピュータ 1983−1994」
(太田出版 2500円+税)

IMG_2172.jpg

中もちょっとお見せします。
IMG_2178.jpg
IMG_2180.jpg
IMG_2183.jpg
IMG_2184.jpg

IMG_2187.jpg
(宮本さん始め、クリエーターのインタビューも英語訳付きで
掲載されています)

とにかく、ファミコンカセットと箱も
いっしょに見られるのがたまりません!!
(俺も箱はほとんど取っておいてないんで……)


たまに手にとって、ついつい眺めてしまいます。
IMG_2194.JPG
カバーを取ると、
IMG_2192.JPG
ファミコンカラーです。

ちなみに、これは
IMG_2205.jpg
そのときの「レベルX」展のチラシ。

IMG_2207.jpg
と、チケットの半券です。

また、こういうイベントやってくれないかなあ、と思います。

ゲーム関連書籍 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。