So-net無料ブログ作成
検索選択

メモ帳入りファミコンハード型ケース! [ゲームグッズ]

今回は、まだ先日買ったばかりの、
「メモ帳入りファミコンハード型ケース」
を紹介します。

まずは、外箱から。
P_ 001.jpg

大きさは、
P_ 002.jpg
このくらいです。

さっそく開けてみましょう。
P_ 006.jpg
おー!!

P_ 011.jpg
ジャジャーーン!!
「Dr.MARIO」のカセット付き!!
(じつは、「ドクマリ」版の在庫があったので、買ったんです。
「ドクマリ」好きなので…)

中身、本体の大きさは
P_ 014.jpg
こんな感じです。

P_ 015.jpg
と、手にも載るので、
メモっぽいサイズと言えばサイズですね…。

P_ 020.jpg

P_ 022.jpg
メモとしては、そんなにあまり使いやすくはなさそうです…。

ネット通販でポチったものですが、
バンプレスト製だったので、
たぶんクレーンゲームの景品用
の商品でしょうね。

ファミコン本体のモデリング、作りは
なかなかキッチリしていて、
いい感じです。

P_ 027.jpg
メモ用紙自体も、ハンパなサイズで、
実用性は期待しない方がよいかもしれません。

でも、ファミコン好きにはたまらないケースかな?
と思いました。

もうちょっと大きめなケースがほしくなりますね。

ほかにも、
P_ 004.jpg
という種類があったようです。

たぶん「Dr.MARIO」は売れ残りの品だったんじゃないかな、
と思いますが、自分的にはとても気に入ってます!
(「ドクマリ」大好きだったんで)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

懐かしのゲームギア+TVチューナー! [ゲーム機(ハード)]

ダンボール箱を漁っていたら、
こんなものが出てきました。

かつてセガが世に問うた携帯ゲーム
「ゲームギア」!

P_ 046_M.jpg
本体に輝くGAME GEARの文字!
そして、SEGAのロゴ!
(画面に自分が写り込んでしまったので、モザイクかけてますw)

画面がカラー!! 

…だっただけじゃない!!
P_ 065.jpg
本体を斜めに立てられる「足」もあった!!
画期的っ!!

おそらく、携帯ゲーム機初の足付き!!
リンクスにもなかったと思うので…。

さらに、
P_ 059.jpg
裏側には、このようなスロットがあって…。
(これは、ふつうありますけど…w)

ここに、
P_ 045.jpg
この、「TVチューナーパック」を装着すると…。

合体!! シャキーン!!
ガギゴギガシャーン!! と変形し…
(一部、脳内で効果音を補完しています)
P_ 051.jpg
なんと、テレビを見ることができました!!

ちなみに、
P_ 053.jpg
アンテナは、こんなに長いです…。

それでも、あんまりちゃんと映った記憶はないんですが…。

もちろん、足を使えば…
P_ 068.jpg

テレビ鑑賞も楽ちん!!

という、素敵なゲーム(+周辺機器)でした。

セガが、世界を席巻するゲームボーイの牙城を崩すべく、
投入した、野心的なハードだったです。
目指すところがわかりやすくていいですよね。

とにかく、画面がカラー!! でしたからね~。

ゲーム画面もカラー、おまけにテレビも見れる!!
圧倒的にこっちがいいでしょ!? っていう打ち出し方でした。

●ゲームギア テレビCM(YouTube)


テレビCMもまさにその通りのものでした。

オールドゲームファンには、
「セガVS任天堂」という図式自体が、
とても懐かしい、一時代でした。

ソニーは、ウチはオモチャ屋さんの上を行く、
っていう感じでしたけど、
やっぱりセガは同じ土俵で戦ってる!!
っていう感じが、とてもよかったですね~。
同じゲーム会社だ!! 西と東だ!!
っていう。

つねに「対決」を意識していた、
正統派ライバルっぽかったなあ、と思います。
ゲームファンもその図式を楽しんでいたように、
思います。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

メタナイトのぜいまいおもちゃ [ゲームグッズ]

今回は、もらいたてのおもちゃです。

「星のカービィ」に出てくるキャラクター
メタナイトのぜんまいおもちゃ
(パタパタウォーキングというらしい)です。

すき家のすきすきセットでもらいました。
DSC_0346.jpg

金曜日の夜中、家に帰るときに、
深夜バスのバス停からだと、
ちょっと歩かないといけないのですが、
途中ですき家があったので、
ついつい「牛丼」を夜食に買ってしまいました…。

しかも、+150円で、なんと
ドリンク、ひじき、おもちゃ」が付いてくる
というので(すき家のすきすきセット)、
つい頼んでしまいました。

ちょうど、付いてくるおもちゃが、
「星のカービィ」のセットだったらしく、
(でも、たった今調べたら、
もう「ガチャピンとムック」に変わってる!?)
この小箱が付いてきました。
DSC_0002.JPG

サイドを見ると
DSC_0005.JPG

DSC_0004.JPG
と、5種類+シークレット
あるようです。

IMG_3632.JPG

中身を見てみましょう。
DSC_0350.JPG
ジャジャーン、メタナイトでした〜。

IMG_3635.JPG
正面。

IMG_3637.JPG
横。

IMG_3634.JPG
後ろ姿

メタナイトをゲットしたら、
余計カービィが欲しくなりますね…。

でも、もう終わっちゃったのかな…。

すきすきセットは、なくなり次第終了、
というパターンで期間がどうも明確では
ないようですね。

※今回は、アメブロの方でも記事にしてます。
よかったら、ご覧ください。
●アメブロ「すき家のすきすきセットに「星のカービィ」のおもちゃ!」

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ターボファイル&ターボファイルII [周辺機器]

その昔、ファミコンに接続して、
セーブデータを外部に記憶させることができる
周辺機器がありました。

その名も「ターボファイル」!!
アスキーが出していました。

P_ 001.jpg
これが、ターボファイルです。
「ウィザードリィ」のシールが貼ってありますが、
そうです、「ウィザードリィ」のデータの保管に使ったのです。
(「ウィザードリィ」はアスキーのソフトでした。)

その後、容量が4倍になった新製品、
P_ 008.jpg
「ターボファイルII」が発売されたのです。
(これもシールが貼ってありますが、個人名なので(笑)、
シール部分にモザイクを掛けました。)

並べると、
P_ 016.jpg
こんな感じでした。

「ウィザードリィ」のあとは「ベストプレープロ野球」、
そして、そのあと「ダビスタ」に使ってましたね~。

そして、関連商品として、もうひとつ…
P_ 018.jpg
「ターボファイルアダプター」という商品が
ありました。

これは横に
P_ 021.jpg
端子を挿す部分があり、

P_ 024.jpg
ターボファイルのコードをここに挿し、これを介して、
スーパーファミコンに「ターボファイル」を接続すると、
スーパーファミコンでも「ターボファイル」が使える、
というものでした。

スーパーファミコン版の「ダビスタ」が出た時に、
たしか購入したんじゃないかな? と思うんですが、
定かではありません…。

いずれにしても、ファミコンというオモチャに、
今で言う、「外付けハードディスクドライブ」みたいな、
外部記憶装置を接続して、カセット内にあるセーブデータ用の
SRAM以上の容量を保存することができるという、
コンピューター会社の雄、アスキーらしい商品でした。

当時はオモチャだったファミコンの周辺機器にあって、
じつに、パソコン的というか、PC的な発想の装置でもありました。
そのスタンスがクールであり、かっこよくも見えたものです。

同時に、そのことによって、所詮は「データ」でしかないのだ、
ということを暗に教えられた部分もあり、
でも、データだろうが何だろうが、自分のプレイした証こそが
大事だというか、それもデータのありようというか、
こちら側の「意味づけ」をすることによって、
データの「価値」は変わる、というのか…。

結局は、「データ」そのものがすべてである、ということなんだけど、
それを自分と結び付けて、何か悟らされたように思います。

それは、なんとなく、コンピューター、PCへの入り口だったように、
今思うと、感じるのです。

まだアナログなものが世の中の大半を占めていた時代にあって、
こういう商品によって、我々は「データ」(=デジタル)という考え方、
ものの見方を教えてもらったのではないか、という気がします。
(パソコンは、まだほんの一握りのマニアしか持っていなかった…。)

…よく考えたら、「ファミリーコンピュータ」という名称も、
まさにそれを象徴していますね。
ファミコンは、「コンピュータ」そのものだったんですよね。

だから、「ファミコン」のブームとは、多くの日本人たちが、
デジタル化、データ化というものを同時期に大規模に体験する、
衝撃的な事件であったわけです。

それを、「新しい時代の幕開け」と受け止める人もいれば、
「人生はリセットできない!」と拒否反応を示す人もいた、
ということも、当然と言えば当然だったわけですね。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Nintendo Sound Selection VOL.3「B-side Music LUIGI」 [クラブニンテンドーのグッズ]

クラブニンテンドー音楽CDです。

タイトルは、
「ニンテンドー・サウンドセレクション vol.3
B-side ミュージック ルイージ」
(NINTENDO SOUND SELECTION VOL.3
B-SIDE MUSIC LUIGI)

っていうのが正式なタイトルでしょうか。

iPh_ 010.jpg

裏は、
iPh_ 015.jpg
となっています。

ついでに背表紙は
IMG_2896.JPG
こんな感じ。

ですが、まだ封を開けてなかったので、
じつは1回も聞いておりません!!(笑)

ちなみに、曲目は
IMG_2900.jpg
こうなっているようです。
けっこう、曲数多いですね。

中身ついて、現状では何もお伝えできないのが、
残念なので、ぼちぼち開けてみようかな(笑)。

聞いたら、またここに記載します。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

あの「ゲームウォッチ ボール」の復刻版! [クラブニンテンドーのグッズ]

ファミコンブームが世に到来する以前に、
空前のゲームブームを巻き起こしたのが、
任天堂のゲームウォッチでした。

よく考えたら、あれはブームになった、
最初の「携帯ゲーム機」だったんですね。

その「ゲームウォッチ ボール」
GAME&WATCH BALL)の復刻版です。

まずは外箱から。
IMG_1830.jpg
(ちょっと痛んでます…)

IMG_1831.jpg

裏も…
IMG_1833.jpg
じつは、これも
クラブニンテンドーのグッズです。
2009年のプラチナ会員特典と書かれています。

では、中身を見てみましょう。
IMG_1836.jpg

IMG_1839.jpg
置いておいたら、息子たちが使っていたので、
けっこう小傷がついています(笑)。

こんなところにも
IMG_1841.jpg
クラブニンテンドーのマーク。

クラブニンテンドーのグッズの中でも、
これはとてもうれしい商品でした。

残念ながら、電池が切れていて、
画面がつかなかったので、
それはいずれまた…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「レイトン教授」のストラップ [ゲームグッズ]

レベルファイブさんのナゾ解きゲーム
「レイトン教授」シリーズのキャラクター
レイトン教授とルーク少年のストラップです。

IMG_6836.jpg
「悪魔の箱」の時のものですね。

IMG_6823.jpg

IMG_6830.jpg

キャラをアップしてみると…
IMG_6839.jpg

IMG_6841.jpg
なかなかよくできてます!

元々こういうデザインのキャラなので、
違和感がなくて、ストラップに向いてますね。

「レイトン教授」シリーズは、
ナゾ解き×アドベンチャーという
コンセプトのゲームで、
元々はナゾ解きと、大きなシナリオ
アニメーションの演出も含む)を
併せ持つところが魅力的なゲームです。

が、個人的には、さらに、
サブキャラや、雑魚キャラでも、
とても味があるキャラクターが多くて、
全体的に見ても統一感のある、魅力的な世界観を
持つゲームなんですよね。

そういう意味では、さまざまな
「デザイン」の力を感じさせてくれるゲームだし、
かつ、画期的なゲームだな、と思います。

女子に人気があるのも納得ですよね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「レッドスティール」のTシャツ [ゲームTシャツ]

あけましておめでとうございます!
本年も、拙ブログ
GGM -Game Goods Museum-を
どうぞよろしくお願いいたします!

じつは、年末年始は、かなりバタバタしてまして、
家も明け気味だったので、ぜんぜん更新ができず、
失礼しました。

今日から仕事も始まり、通常の生活に戻りそうなので、
また細々と更新していきます!

ってことで、まず2013年の最初のグッズは、
このブログの出発点となった、
「ゲームTシャツ」のネタがいいなあ、と思って、
探してみたら、ありました!!

カミサンが寝巻代わりに着古して、
捨てようとしていた(笑!)逸品です。

ジャジャーン!!
IMG_0873.jpg
またまた登場、俺の大好きな舶来ゲームメーカー、
Ubisoftさんの「レッドスティール」Tシャツです。

IMG_0876.jpg
胸のロゴには、刀と銃があしらわれていて、
ゲーム内容を反映していますね。


ちなみに、このタイトルは、Wiiのローンチ時(本体発売時)に
発売されたシューティング&剣戟アクションゲームで、
Wiiリモコンの直観的な操作を反映したゲームシステムを
搭載しつつ、フランス人が作ったヘンな日本観も楽しめる、
マニア好みのゲームでした。

「Wii Sports」とは別に、「自分用」に買ったソフトですね。
懐かしいです。

その「REDSTEEL」のTシャツを、
カミサンがよれよれになるまで着ていたことにも、
やや感動してしまいました。

そういえば、この年末にWii Uが発売されたので、
Wiiはひと世代前のマシンになってしまったんですね。
時代はどんどん変化して行きますね…。

新年早々、マニアックな記事になってしまい、
失礼しました…。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。