So-net無料ブログ作成
検索選択

クラブニンテンドーカレンダー2013 [クラブニンテンドーのグッズ]

昨日届きました!
IMG_0832.jpg
よーく見ると、下の方に
「クラブニンテンドーカレンダー2013」
と書かれています。

ところで、クラブニンテンドーの封筒
IMG_0838.jpg
こんなメッセージ書いてあったかな…?

てな話はさておき、さっそく中身を出してみます。

ジャジャーン!
IMG_0844.jpg
クラブニンテンドーの来年の卓上カレンダーです。

裏側を見ると…
IMG_0847.jpg
カード型のカレンダーも1枚入ってますね。

カレンダーはさすがに寝かせておいても
意味がないので、早速出して、組み立てて…

と思ったら…
IMG_0850.JPG
うっ、紙がちょっとつぶれてる…

「ゆうメール」だから、郵便局か〜。
これ、構造上、こうなっちゃってる人が多そうな。

でもまあ、カレンダーとしてとくに問題がないので、
いちいち文句は言いませんけど。

IMG_0854.JPG
はい。ちゃんと使えます。

IMG_0855.JPG
横というか裏というか、こういう感じです。

ちなみに、中身は、というと、
月ごとに違うゲームがモチーフになっています。
IMG_0856.JPG

IMG_0859.JPG

IMG_0861.JPG

IMG_0863.JPG

あとは…ナイショで。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「イナズマイレブン」円堂お守り [ゲームグッズ]

「イナズマイレブン」(1作目など)の主人公は、
ゴールキーパーの円堂守(えんどうまもる)。
(エンドをまもる、というダジャレですね…)

その円堂君の名前をさらにもじった、
「円堂お守り」を紹介します。
IMG_0530.jpg
稲妻神社の円堂御守、なんですね。

裏側は
IMG_0532.jpg
2010年のものみたいですね。

よーく見ると
IMG_0535.jpg
「イナズマイレブン3」と書いてあります。

映画「イナズマイレブン3」で、劇場に見に行くと
先着100万名に配られた物のようです。
そういえば、そうだったかな、と思います。

袋の中身は、
IMG_0552.jpg
なんと、金色の円堂くん!!

神々しいというか、
…ちょっとカッパみたい。

IMG_0553.jpg
後ろ姿も…金ピカです!
が、若干、後方から銃弾を浴びたような穴が…w

そういえば、少し前に、セガさんが
「イナズマイレブン」シリーズを特許侵害で
訴えたようですが、セガが特許が成立したのは、
イナズマ1作目」の発売後らしいですね…。

もめ事が早く収まるよう、円堂くんに祈ってみます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「チンクルのバルーンファイト」 [クラブニンテンドーのグッズ]

今回は、ゲームグッズというより、
ゲームそのものですが…。
IMG_0442.JPG
「チンクルのバルーンファイトDS」。
非売品のソフトです。

パッケージの裏側を見ると…
IMG_0446.JPG
「祝 2006年 プラチナ会員」と書かれています。

クラブニンテンドーの、
2006年のプラチナ会員特典、というわけです。
もう、6年も経ってるんですね。

もちろん
IMG_0449.JPG
パッケージの中にはソフトが入ってます。

念のため、
IMG_0452.JPG
ソフトの裏側も(笑)。

今回は、非売品ソフトの紹介でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「龍が如く」×松屋のカレー! [食品]

今回紹介するのは、
「龍が如く4」のゲーム内にも登場していた
松屋と 、セガのコラボ商品の、
レトルトカレーです。

その名も、
「松屋 × 龍が如く4 伝説を継ぐ者
オリジナルカレー」!!

iPh_ 055.jpg

裏側は、
iPh_ 058.jpg

あ、よくみると箱が破れてる…。
ガーン!

ちなみに、上から見ると…
iPh_ 060.jpg
です。
(上から見たい人はいませんか…?)


ソフトの発売当時、松屋やネットショップで
売られていたものです。
たしか300円とかだったかと…。

「龍が如く」シリーズは、実在のお店がゲーム内に
多数登場していて、ゲーム中でも、本物そっくりの松屋で
食事ができるようになっていました。
(ゲーム内では,食事をすると体力が回復します)

でも、このレトルトカレーは、
大事にしまいすぎていて、
じつはまだ食べていませんでした!! 

で、よく見ると、賞味期限は、
iPh_ 078.jpg
でした。w

って、とっくに過ぎてるじゃん!!

…家族が出掛けていて、ひとりで家にいるときとかに、
こっそり食べてみようかな、と思います。w


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「ワンピース海賊無双」 TREASURE BOXの中身 [初回限定版(デラックスパック)の中身]

久しぶりに、
初回限定版等の中身シリーズです。

今回は「ワンピース海賊無双」の中身です。

まず、パッケージから。
IMG_0203.jpg
箱がかなり、デカイんで、
ついつい期待しちゃいますね。

DSC_0023.jpg
子供が持つと、とくにデカイ!
(ワンピースファンの息子たちも大喜び! でした←買った当時)

開けると、
DSC_0026.jpg
一番上の段には、PS3のソフトと、
「オリジナルサウンドトラックCD」
が入ってました。

DSC_0029.JPG

DSC_0035.JPG
ピクチャーディスクになってます。

さらに、
DSC_0032.JPG
各キャラクターのバッジ
(コレクションピンバッチ)が15種類。

そして、
IMG_0186.JPG
「設定&ビジュルブック」。

中身は、
IMG_0191.JPG

IMG_0194.JPG

IMG_0198.JPG

IMG_0200.jpg
という感じです。

我が家では、息子たちがこの設定本を
食い入るように見て、とくに兄ちゃんは、
キャラクターの絵をまねして描いたりしてました。
とても気に入ってるようです。

まあ、大人目線で見ると、大味な作りで、
「設定&ビジュアルブック」っていう名称と
デザインも、やや小学生向けな感じかな(笑)。

バッジ(公式的には「バッチ」)も、
枠は紙だし(まあそれはしょうがない)、
やはり、なんとなく小学生向けな感じに見えます。

「ワンピース」のグッズって、いろんなものが
世の中に出てるわけなので、ついつい
ハードルが高くなってしまうんですよね。
(純粋な意味では、ゲームグッズではないかも…)

それでも、小学生向けな商品(ゲームグッズ!)は
なかなかないので、それはそれでよいかもしれません。

ところで、「2」がついに発表になったので、
「2」のトレジャーボックスには、
もうちょっと大人向けのカッコイイグッズを
つけてくれるとうれしいところです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

スーパーマリオ25周年のハンカチセット [クラブニンテンドーのグッズ]

スーパーマリオ」25周年を記念して、
クラブニンテンドーで配られた、
オリジナルハンカチセットです。

まずは、
DSC_0031.JPG
外箱から。

筒状のフタ(?)を開けます…
DSC_0064.JPG

ジャジャーン!
DSC_0042.JPG

中身は
DSC_0059.JPG
こんな感じです。

DSC_0062.JPG
という手紙(?)も入ってました。

もちろん、大事にしまい込んでいるので、
(だから、あったことも忘れていました!)
使ってはいません。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

N64アダプター! [周辺機器]

まずは、写真を見てください。

iPHONE 064.jpg

これは一体、何でしょうか?
(知ってる人はかなりのゲームオタク!)

上は…
iPHONE 066.jpg
こう。

下から見ると…
iPHONE 069.jpg
こんなにセクシー
(注:いやーん! とは言ってくれません。)

基盤っぽいものが見えますよね。

じつは…

iPHONE 073.jpg

こういうふうにして…

さらにこれを、

iPHONE 079.jpg

こんな風に、ニンテンドウ64本体に挿して、使います。

海外版のニンテンドウ64のソフトの下側に取り付けると、
日本版のニンテンドウ64本体に挿すことができるようになる、
という便利なアダプターなのです。

(海外版の64ソフトは微妙に形が違っていて、
物理的に、挿せないようになっているのです…)

自分がこれを買ったのは、ファミコンで大ヒットした
パズルゲームの名作「ドクターマリオ」が、
海外(北米)では、ニンテンドウ64でも発売されていることを
知ったため。

大好きな「ドクターマリオ」の64版をどうしても遊びたい!
と思っていたら、知人が教えてくれたのです。

このアダプターを買えば、日本版の64本体で遊べるよ! と。

そして、初めて購入した海外版のゲームソフトが
「ドクターマリオ64」でした。

しかもこの64番、4人対戦モードが入っていて、
これがとてもアツかった!!
じつは、いまだに自分の机の片隅にというか
荷物の奥に、64本体にこうして挿したまま、
置いてありました(笑)。

もう何年も遊んでないけど…。

今思えば、ソフトの形状によって、リージョンコードを
分けていた、っていう…。

それに、ガコッ、ガコッって基盤を2つも接続するという行為自体も、
「機械をいじってる」という物理的な喜びが、
「電気的に遊べる」という楽しさに繋がっていたので、
なんだか、男の子的にうれしかった気がします。

懐かしいですね~。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。